栄養学・サプリ

【ライフフォース】おすすめのマルチビタミン 理由、効果、栄養成分は?

おすすめマルチビタミン、ライフフォース

本記事では、僕が今摂取しているマルチビタミンを紹介しようと思います。

以前から、僕はサプリメントを摂取したからといって、劇的な体感があるか?と言われたら、「No」と言わざるを得ない、ということは常々言っています。

これについては今までの主張と変わることは一切ありません。

その上で、2ヶ月ほど、Source Naturals, Life Force(ソースナチュラルズ,ライフフォース)を使ってきての感想や体感、

これまで4種類のマルチビタミンを使ってきた中で、「これからはライフフォースで固定だな」と思えたこと。

主観的ではありますが、「これは、人におすすめしていいのでは」と思えたマルチビタミンにやっと出会えたということもあり、紹介していこうと思います。

マルチビタミンは必須サプリ

Twitterではなんどもつぶやいていますが、実際にエビデンスのあるサプリメントは限られていたり、体感があるものも少ないです。

そういった情報を見極めつつ、僕が個人的に必須だと考えているサプリメントが以下になります。

必須サプリ

正直なところ、現状僕が、これだけは絶対に欠かせないと思うサプリメントはこのくらいでしょうか。

プロテインはやはりタンパク質を確保するうえで必要かなと思っています。

また、トレーニングをしている方だけでなく、それ以外の方であっても積極的に摂取すべきだと思っています。

固形食で必要量のタンパク質を摂取することや、コストを考えてもプロテインパウダーは優秀な栄養源となります。

プロテイン以外では、筋肥大目的ではなく、体調維持のために欠かせないと感じています。

僕は疲労やストレスが蓄積すると体調を崩しやすく、数ヶ月に1度は風邪をひいたり、熱をだしていたのですが、

これらのサプリメントを摂取するようになってからは、ほぼ体調を崩すことがなくなりました。

ビタミン系が体調維持のベースを作ってくれていて、グルタミンで相当強くなったような感覚です。

個人的には、元気であるということが大前提で、その土台の上に筋トレや趣味などがあると思っています。

そういったこともあり、体調管理という点で、これらのサプリメントの優先度が最も高くなっています。

エビデンスあるサプリ10選
【エビデンスあり】筋トレに効果があるサプリメント10選!国際スポーツ栄養学会議のメタ分析から紹介今回はこちらの論文からの情報を紹介します。 jissn.biomedcentral.com 本当に効果のあるサプ...

準必須サプリ

必須サプリで紹介したものは、プロテイン以外は筋肥大目的ではなく、体調管理のためのものがほとんどでした。

しかし、こちらであげたものは、筋肥大やトレーニングパフォーマンスの向上が主な目的となっています。(後から見直して改めて気づきました)

準必須サプリと書いてはいますが、クレアチン、EAA、ベータアラニン、糖質は全てとっています。

EAAは筋肥大に高いエビデンスがありますが、最近は体感などを踏まえて、BCAAへ切り替えようかなと考えているところです。

トレーニング前後の栄養補給をしっかりとできるのであれば、フレーバーの豊富さや味の良さ、コストを鑑みて、BCAAでも良いかなと思っています。

マルチビタミンの必要性

  • マルチビタミンでベースを作る

ビタミンは補酵素として、多くの代謝に関わっており、正直どれもとても大切な役割を担っています。

そのため、総合的にビタミンを摂取でき、体内のビタミン濃度を全体的にあげることができるマルチビタミンは、ベースサプリとして重要であると考えています。

また、多くのマルチビタミンにはマグネシウムや亜鉛といった、これまた多くの代謝に関わってくるミネラルも含有されており、非常に汎用性の高いサプリメントであると思っています。

このように、マルチビタミンである程度ベースを高めつつ、追加で必要と感じているビタミンC、Dは別途個別で摂取しているといった感じです。

以前はビタミンB群、Eも追加で摂取していましたが、恩恵をそこまで感じることがなかったので、これらに落ち着いています。

ビタミンの重要性についての詳細は、ぜひこちらの記事にも目を通してみてください。

ビタミンは縁の下の力持ち
ビタミンの効果とは?5つの主な役割と具体的な効果【縁の下の力持ち】基盤となる価値 まずは、最も知名度があり、私たちの生活により関わりがあるであろう、ビタミンCの紹介をしようと思っていましたが、書いてい...

今までのマルチビタミン遍歴

栄養学を学び始めた当初から、上述したような重要性には気づいており、筋トレを始めて比較的すぐの段階からマルチビタミンは摂取しています。

以下のものが、これまで使ってきたマルチビタミンを使用順に並べたものです。

山本義徳さんも勧めるライフフォース

そもそも購入するきっかけとなったのは、山本義徳さんの書籍で紹介があったことや、

海外のナチュラルビルダーの方(結構本音ベースで話している)がライフフォースを紹介していたこともあったので、試してみようという気持ちになりました。

以下は山本義徳さんの書籍「ビタミンのすべて」で記載されていることです。

■お勧めビタミン 

最後に筆者のお勧めマルチビタミンを幾つか紹介しましょう。真っ先に挙げたいのがSource Naturals社の「ElanVital」です。これは非常に高容量のビタミンやミネラルの他に、NACやケルセチン、リポ酸、CoQ10、イチョウ葉エキスなど抗酸化作用の強い物質を配合してあります。  次にお勧めなのが、同じSource Naturals社の「Life Force」です。これはElanVitalの安価版と考えてください。ビタミンやミネラル、抗酸化物質の量は抑えてありますが、価格は安くなります。  アスリートにお勧めなのはUniversal社の「Animal Pak」です。こちらは高容量のビタミンやミネラルの他、アミノ酸や消化酵素、各種ハーブが配合されており、疲労回復にもってこいです。  なおマルチビタミンは少ない容量のものを保険的に使い、単体でB群やCEなどを摂取するという方法もあります。結果的に高くなったり飲む手間がかかったりしますが、それぞれ好きなタイミング・量を設定できるというメリットがあります。  このような場合、Natures Way社の「Alive !」やSource Naturals社の「Mega -One」がお勧めできます。Mega-Oneは一日一錠となっていますが、これを半分に割り、朝食後と夕食後に飲むのです。割るのには専用のピルカッターを使ってもいいですし、ハサミや爪切りでも代用できます。

ビタミンのすべて: 山本義徳

ElanVitalは含有成分、含有量からも確かに素晴らしいのですが、コストという面ではかなり高くついてしまいます。

Animal Pakはそもそも錠剤も多すぎて、自分にとっては面倒だなと感じてしまう部分もあったりしました。

色々な面を鑑みた結果、ライフフォースが自分にとっては最もバランスがよく、試してみたいと思えるマルチビタミンでありました。

他社との比較

マルチビタミン比較表それぞれのマルチビタミンを栄養成分ごとに比較(筆者作成)

こちらの図は、僕がマルチビタミンを購入するにあたって、栄養成分などを横並びで見れたらいいな。なんて思い作成したものです。

単位や厳密な成分、記載していないものもあったりと、実際のラベルとは多少異なることもあるかもしれないので(もしかしたら数値自体も少し誤りがあるかもしれません)参考程度にしていただけたらと思いますが、

これで何がわかるかというと、要点は概ね以下かなと思います。

商品名 Dr.Muscle的ポイント
Life Force
  • 含有成分のバランスが良い
    └錠剤の摂取量を増やすことで調整しやすい
  • コスパが良い
  • 抗酸化物質などプラスαも気持ち程度だがありがたい
ElanVital
  • 抗酸化物質なども含めて含有量はさすが
Animal Pak
  • 独自のアミノ酸ブレンドや消化酵素まで含有
  • コストが高い
  • 錠剤の数(一回分あたり)が多い
アルファメン
  • 成分表記が他と異なるため未記載
  • 含有量は少ない
Opti-Men
  • 独自のアミノ酸ブレンドや消化酵素まで含有
  • 部分的に高含有量のため調整が難しい
  • コスパは良いと思う
ツーパーデイ
  • ビタミンDの含有量が一度で2000IUと高い
  • 激しすぎない運動であればこれで十分かも
  • スポーツをしなればこれで良いかと思う

まとめ

僕自身のライフフォース活用方法は、トレーニング日とオフの日で摂取量を変えるなどして、自分の好きなように調整しながら摂取しています。

マルチビタミンの必要性は前述のとおり、ベースを作ることにあると思うので、これだけでは体感を得られない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、まさに縁の下の力持ちとして、表面上では見えない部分で、僕らに貢献してくれていると思っています。

僕は個人的には、マルチビタミンは摂取したほうが良いと思っているので、少しでも参考にになれば幸いです。

そして、少しでも多く方に「あれなんか体調を崩さなくなった」みたいなことが起きれば嬉しいなと思っています。

Twitterでもこういった情報を発信しているのでよかったらのぞいてみてください。

ブログにはないスピード感のある情報共有をしています。